Books

Column/Articles

Information

Mail
www.drmasato.com

Introduction

Information

What you can do?

References

エルゴノミクス(Ergonomics)人間工学

© DrMasato.com, Dr Masato Niizeki, 2006-

人間工学(にんげんこうがく)、あるいはエルゴノミクス/エルゴノミックス/アーゴノミクスは、物を人が自然な動きや状態で使えるように設計する工学。 英語の名称、Ergonomics(ɚ:gənάmıks/ə̀:gənɔ́mıks)はギリシャ語のergon(働く)とnomoi(自然な状態、自然法)から作られた造語である。 人間工学の考えに基づいて設計された物の例としては、正しく座ると背筋が伸び、負担がかかりにくい椅子や使用者の高さによって、キーボードの高さを調節できるトレイがある机などが挙げられる。
人間工学という概念が広まったのは、パソコンが一般家庭に広まった時期に近いため、コンピュータ機器と関連付けて語られることが多いが、人間が使う道具を扱う全ての分野に影響を与える工学である。また、人間の生理学的、解剖学的側面のみならず、心理学的側面に対する探求を行っている。

Wikipedia、項目「人間工学」より一部補填の上、掲載。オリジナルはこちらを参照。
以下、順次更新予定。