Books

Column/Articles

Information

Mail
www.drmasato.com

臨床で毎日使える
図解姿勢検査法
著:新関真人DC
発行:医道の日本社
ISBN4-7529-3070-6 C3047
定価:4,515円(税5%込み)

アップデート(3)2004年1月20日

オーソゴナル・システムについて取り急ぎの解説

■P.28
ならびに該当するページ

該当する項目

前回の訂正で、P.28のオーソゴナル・システムの表記の訂正を行いました。 その後、読者の方からのメールで、他のページの表記法もおかしいというご指摘をいただきました。 該当するページを見直したところ、 ご指摘の通り、分かりにくい表記となっておりました。

取り急ぎの対策として、筆者の表記法を解説します。 筆者は、「/」を「or(または)」の意味で使用しています。 P.29の表1-1が、正式な(省略のない完全な)表記法ですが、本文中では、「/」を使った省略形で表記しています。

ですから、
+/-X、+/-Y、+/-Zは、→ +X/-X、+Y/-Y、+Z/-Zの意味です
+ /-θX、+ /-θY、+/-θZは、→+θX/-θX、+θY /-θY、+θZ/-θZの意味です。

同様に、P.146の評価は、
パターンI:回旋変位+側屈変位(+/-Y、+/-θZ)は、(+Y/-Y,+θZ/-θZ)と読んでください。

次回の通信(4)にて、該当するすべての記号を、省略のない完全な表記法に訂正します。それまでは、以上記の表記法をもとに、記号を理解してください。
これ以外でも、本文中の「/」のマークは、「or(または)」の意味としてお読みください。
お知らせくださった読者の方、深く感謝いたします。