Books

Column/Articles

Information

Mail
www.drmasato.com

臨床で毎日使える
図解整形外科学検査法
著:新関真人DC
発行:医道の日本社
ISBN4-7529-3058-7 C3047
定価:4,515円(税5%込み)

アップデート(11) 2006年4月7日

第7刷での修正・追加

アップデート(10)でのお知らせのとおり修正を行ないました。 P.82のワイプテストのページへは、赤字で示した部分だけを追加しました。これ以外の修正は以下の通りです。

■P.124

別名

スパーリングテスト(Spurling's test)ともいう。 頚椎側屈位で行う頚椎圧迫テストを、特にJackson compresion testと呼ぶ。 頚椎を伸展位と回旋位において行う検査法を、特にMaximum cervical compression testと呼ぶ(次項)。

→文献によって呼び方が異なるが、一般に、頚椎側屈位で行うものをスパーリングテスト(Spurling’s test)、 あるいはジャクソン圧迫テスト(Jackson Compression Test)と呼んでいる。 頚椎側屈位+伸展位で行うものをスパーリングテストとしたり、頚椎回旋位で行うものを特にジャクソン圧迫テストと呼んでいる文献もある。 頚椎を伸展位+回旋位において行うものは、共通して最大頚椎圧迫テスト(Maximum Cervical Compression Test)と呼ばれている。